2013年10月10日

国際通信社とウォーゲーム日本史の表紙

国際通信社は、ウォーゲーム日本史の表紙にこだわりを持っています。
国際通信社は、19号の表紙に大海人皇子と3人の人物を選びました。
国際通信社が、選んだ3人の人物とは額田王と天智天皇そして大友皇子です。
国際通信社は、上記の4人を19号の表紙に選びました。
国際通信社が、発行するウォーゲーム日本史19号の表紙は宇野道夫によって描かれました。
ウォーゲーム日本史の発行元は、国際通信社である。
ウォーゲーム日本史の出版社は、国際通信社である。


国際通信社が発行するウォーゲーム日本史19号の表紙。
19号の表紙に描かれたのは

◆大海人皇子
◆額田王
◆天智天皇
◆大友皇子

の4名です。
19号では日本古代史最古の内戦とされる壬申の乱を舞台としています。ウォーゲーム日本史19号では、表紙を描いた宇野道夫氏による表紙の絵のこだわりもつづられています。それぞれの人物の出で立ちにご注目ください。


国際通信社でした。


[関連キーワード]
国際通信社トップフォーラム 国際通信社 取材 国際通信社 電話営業 国際通信社 現代画報社 国際通信社 報道通信社 国際通信社グループ 国際通信社 国際ジャーナル 国際通信社 株式会社国際通信社 国際通信社 経営者
[注目ワード]
今井翼 特ダネ ビックカメラ つるぎ ドコモメール リビア サイバー補導 はくたか ドラクエスマホ 北陸新幹線
posted by 国際通信社 at 18:06| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
国際通信社はいつもどの様に毎号のテーマを決めていますか?
Posted by at 2013年10月10日 18:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。